明太ポテトチーズ焼き

調理時間 15分

じゃがいもを牛乳で煮ることでクリーミーで
グラタンのような仕上がりになります。
トロ~リチーズとプチプチとした明太子の食感も楽しめます!

材料(1人分)

  • じゃがいも1個
  • 明太子1/2腹
  • ピザ用チーズ40g
  • 牛乳100ml

作り方

1じゃがいもは皮をむき、いちょう切りにする。

2明太子は薄皮を除き、チーズと混ぜ合わせる。

3スキレットに①と牛乳を入れて中火で熱し、煮たったらふたをして吹きこぼれない程度の火加減にし、
じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。

4牛乳が半量くらいまで煮つまったら、②を散らしてふたをし、チーズが溶けるまで加熱する。
バーナーで表面をあぶってもいい。

Tips

スキレットの蓋が無い場合は、アルミホイルを蓋代わりに使用しても良いです。
写真は2人分になります。

カムジャタン風鍋

調理時間 30分

豚の背骨とじゃがいもを煮込んで作る韓国料理カムジャタンを
キャンプ向けに手軽に作れるようにアレンジしました。
ごろごろとした具材の存在感に旨辛な鍋でお酒が進みます!

材料(2~3人分)

  • じゃがいも大3個
  • 豚バラ肉(ブロック)300g
  • Aみそ大さじ3
  • みりん大さじ3
  • 大さじ3
  • コチュジャン大さじ2
  • 韓国唐辛子粉(細びき)
  • 大さじ1
  • Bねぎ(斜め薄切り)2本分
  • にんにく(薄切り)3片分
  • しょうが(薄切り)3枚
  • 600ml

  • すり白ごま大さじ2
  • えごまの葉適量

作り方

1じゃがいもは皮をむき、4等分に切る。豚肉は1.5cm厚さに切り、適量の塩コショウで下味をつける。

2Aは混ぜ合わせる。

3コッヘルにごま油大さじ1を中火で熱し、豚肉の両面を軽く焼き色がつくまで焼く。
じゃがいもとBを加えて煮たったらアクをとり、②を加えてふたをし、弱火で15分煮る。

4ごま油大さじ1とすり白ごまをふり、えごまの葉をちぎって散らす。

Tips

煮込み時間は目安です。じゃがいもは竹串ですっと通るくらいが完成の目安ですので、必要に応じて加熱時間を調節してください。

じゃがいものサブジホットサンド

調理時間 30分

インド料理のサブジを食べやすくホットサンドにアレンジしました。
さっくりとしたトーストにサンドされたほくほく&スパイシーな
じゃがいもにトロトロのチーズが良く合います!

材料(2人分)

  • じゃがいも大1個
  • 食パン(8枚切り)4枚

  • A大さじ1
  • クミンシード小さじ1/2
  • Bターメリック小さじ1/2
  • おろしにんにく(チューブ)2cm

  • スライスチーズ2枚

作り方

1じゃがいもは皮をむき、1.5cm角に切る。

2食パンはそれぞれ片面にバター適量を塗る。

3スキレットまたはフライパンにAを入れ、弱火で小さな泡が立ってくるまで加熱する。
弱めの中火にして①とBを入れ、全体がなじむまで炒める。水大さじ2をふってふたをし、5分ほど蒸し焼きにする。
塩ふたつまみ、こしょう少々で調味する。

4食パン2枚のバターを塗った面を外側にして、③の半量とチーズ1枚をはさみ、
ホットサンドメーカーで弱火で片面2~3分ずつ焼く。残りも同様に焼く。

Tips

じゃがいもを蒸し焼きにした後の仕上がりはわずかに水分が残り、じゃが芋に竹串がすっと通る状態がベストです。
途中水が少なすぎたり多すぎたりしたら、水の量や火加減を調節してください。

じゃがいものガリバタ麺つゆ煮

調理時間 20分

じゃがいもをベーコン、にんにく、バターとみんなが好きな
組み合わせで楽しむキャンプ料理です。
ほくほくのじゃがいもにじゅわっと染み渡るガリバタめんつゆ風味が
間違いなしの美味しさです。メスティン(アルミ製取っ手付き飯ごう)で作ればより一層アウトドア感が楽しめますよ!

材料(2人分)

  • じゃがいも大2個
  • ハーフベーコン2枚
  • にんにく1片
  • バター10g
  • A麺つゆ(3倍濃縮)大さじ2
  • 200ml

  • 小ねぎ(小口切り)適量

作り方

1じゃがいもは皮をむき、大きめのひと口大に切る。ベーコンは1cm幅に切る。にんにくは薄切りにし、芯を除く。

2メスティンにバターとにんにくを入れて弱火にかけ、香りが立ってきたら中火にし、
じゃがいもとベーコンを加えて全体になじむまで炒め合わせる。Aを加え、煮たったら弱火にし、ふたをして10分煮る。

3やさしく混ぜて中火にし、煮汁が半量くらいになるまで煮つめる。小ねぎを散らす。

Tips

じゃがいもは少し煮崩れるくらいの方が調味料と味が絡んで美味しいです。
野外で作る場合、加熱時間は調理環境等によっても左右されますので、目安としてください。
じゃがいもに竹串を刺してみて、すっと刺されば蓋を開けてOKです。

スパニッシュオムレツ

調理時間 30分

ムラなくじっくり熱が伝わるメスティンを使えばふわふわで
中までふっくら美味しいオムレツを焼くことが出来ますよ。
優しい味わいなので、キャンプの朝ごはんにぴったりです!

材料(2人分)

  • じゃがいも1個
  • 玉ねぎ1/4個
  • ウインナソーセージ2本
  • 4個
  • パセリ(みじん切り)大さじ1
  • ピザ用チーズ40g
  • オリーブ油大さじ1
  • トマトケチャップ適量

作り方

下準備

メスティンのふたの内側にオリーブ油適量を塗っておく。


1じゃがいもは皮をむいてさいの目に切り、事前に準備する場合は600Wの電子レンジで3分加熱しておく。
玉ねぎはみじん切り、ソーセージは小口切りにする。

2ボウルに卵を割りほぐす。

3メスティンにオリーブ油大さじ1を中火で熱して玉ねぎとソーセージを炒め、玉ねぎが透き通ってきたら②に入れる。
じゃがいも、パセリ、チーズも加えてよく混ぜる。

4③のメスティンにオリーブ油大さじ1を弱火で熱し、油がなじんだら卵液を流し入れ、ふたをして弱火で10分ほど焼く。

5ふたをしたまま返し、さらに3分焼いて火を止める。再び返し、ふたを上にしてそのまま5分おき、余熱で火を通す。
とり出して食べやすく切り分け、ケチャップを添える。

Tips

工程④の加熱時間は目安です。不安であれば途中開けてみて、火の通り加減を確認すると良いでしょう。
表面が半分くらい固まっていたらひっくり返してOKです。
工程⑤で時間を置くのはオムレツに余熱で火を通すためと、蓋にくっついてしまった場合、重みで自然にはがれるようにするためです。
メスティンにこびりつかないためにオリーブ油を多めに使用していますが、オーブンシートなどを予め敷いておくと、よりこびりつきにくくなります。

ごろごろじゃがいものキーマカレー

調理時間 25分

アウトドアで作るカレーは定番ですが、今回はじゃがいもの
ごろごろ感を楽しめるキーマカレーを作ります。
隠し味に少量のチョコレートとバターを加えることで、
煮込み時間は少なくてもコクがあってマイルドなカレーに仕上がります。

材料(2人分)

  • じゃがいも2個
  • 合びき肉150g
  • 玉ねぎ1/4個
  • セロリ(茎)1/3本
  • Aおろししょうが(チューブ)3cm
  • おろしにんにく(チューブ)3cm

  • Bトマト水煮(カット)1/2缶
  • 50ml
  • カレールウ2かけ
  • 板チョコレート(ミルク)1かけ
  • バター10g
  • ご飯2人分

作り方

1じゃがいもは皮をむき、4等分に切る。

2玉ねぎ、セロリはみじん切りにする。

3コッヘルに油小さじ1を中火で熱し、ひき肉、②、Aを入れて肉の色が変わるまで炒める。
①も加え、全体がなじむまで炒め合わせる。

4Bを加え、煮たったらふたをして弱火で10分煮る。じゃがいもが柔らかくなったらルウを加えて溶かし、
トロミがついてきたらチョコレートとバターを加えて混ぜる。

5器にご飯を盛り、④をかける。

Tips

工程④でじゃがいもに竹串がすっと通る状態であればルウを溶かしてOKですが、固ければ適宜水を足して煮込み時間を延長して下さい。

ページ上部へ戻る